豊永敬之の大腸内視鏡検査の挿入法の論文 of 福岡の大腸・肛門科専門医による痔・肛門科・大腸内視鏡(大腸カメラ)のサイト 大腸肛門武者修行

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


福岡の大腸・肛門科専門医による痔・肛門科・大腸内視鏡(大腸カメラ)のサイト 大腸肛門武者修行 since 2009-04-15

主な研究や論文

Total Colonoscopyの難易度を決定する因子と対策

日本大腸検査学会誌 26(1): 15-20, 2009

豊永敬之、鈴木康元、西野晴夫 (松島病院大腸肛門病センター)

主な内容

【方法】2007年に筆者がTCSを行った650症例を対象とした。盲腸までの挿入時間が5分以上の症例をTCS高難度とし、その危険因子を検討した。
【結果】進行癌で内視鏡が通過不能であった3例を除くと、99.8%で盲腸まで挿入可能であった。TCS挿入時間は2分台が最も多かった。多変量解析にて、女性、高齢、便秘あり、痩せ型の4因子がTCS高難度の危険因子であった。また、男女別の検討では男性では肥満型(25<BMI)、女性では痩せ型(BMI<19)が危険因子であった。
【結語】女性、高齢者、便秘、男性の肥満型および女性の痩せ型はTCSの高難度の危険因子である。被験者の性別、年齢、肥満度、排便習慣からTCSの難易度を予側することで、無理のない検査スケジューリング、効果的な前投薬やファイバーの選択、研修システムへの応用が可能となる。

Objective: The aim of this prospective study was to identify factors associated with prolonged cecal intubation.
Methods: Subjects were 650 consecutive patients who underwent elective colonoscopy performed by a single endoscopist between April and December 2007. The time it took to insert the colonoscope from the anus to the cecum was recorded. The chi-square test and multiple logistic regression analysis were performed to identify independent risk factors of prolonged cecal intubation (more than 5 minutes).
Results: The completion rate (adjusted for failure due to obstructive disease) was 99.8%. Median intubation time was 3.4 minutes. Multivariate analysis showed female sex, age > 60 years, a history of constipation, and BMI > 25 in males and < 19 in females to be independent risk factors for prolonged intubation.
Conclusions: Female sex, age > 60 years, constipation, obesity in male patients and thinness in female patients are potential risk factors for prolonged cecal intubation at colonoscopy. These factors may be used to individualize scheduling of colonoscopy according to the time required, choice of appropriate sedative drugs and instruments, and patient selection in teaching.


この論文の詳しい内容はこちらをクリック

最新の痔や排便障害の治療はこちらをご覧下さい

豊永医師の最新の痔や大腸に関する論文はこちらをご覧下さい

痔や肛門科についての研究や論文

大腸内視鏡についての研究や論文