豊永敬之の早期大腸癌・大腸がんの内視鏡治療とサーベイランスの論文 of 福岡の大腸・肛門科専門医による痔・肛門科・大腸内視鏡(大腸カメラ)のサイト 大腸肛門武者修行

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


福岡の大腸・肛門科専門医による痔・肛門科・大腸内視鏡(大腸カメラ)のサイト 大腸肛門武者修行 since 2009-04-15

HOME > 最新の治療法 > 豊永敬之の早期大腸癌・大腸がんの内視鏡治療とサーベイランスの論文

主な研究や論文

早期大腸癌の内視鏡切除後のサーベイランス法ー目標と危険因子ー

日本大腸肛門病学会誌 62(6): 389-395, 2009

豊永敬之、西野晴夫、完山裕基、畠山知昭、土屋博、辺見英之、森岡香、中条徹朗、高橋敬二、福島恒男、松島誠(松島病院大腸肛門病センター)
荒木靖三(大腸肛門病センター高野会くるめ病院)
壬生隆一(福岡山王病院外科)

主な内容

早期大腸癌の内視鏡的治療後の至適サーベイランス方法を検討した。1998-2001年に早期大腸癌に対し内視鏡的切除を行い、その後2回以上のTCSを行った640症例(M癌622例、SM癌18例)を対象とした。局所再発は初回治療後3-38ヶ月に17症例(2.8%)で認めた。すべて内視鏡的追加切除にて治癒した。サーベイランスTCSにて28症例(4.4%)に35病変の大腸癌が発見された。高齢群(60歳以上)と大腸腺腫の合併の二因子が新たな大腸癌の独立した危険因子であった。semi-clean colon達成前の大腸癌の累積発見率が2%を越えるのは初回治療後13ヶ月で、達成後ではsemi-clean colon化の31ヶ月後であった。早期大腸癌の内視鏡治療後は、新たな大腸癌発生の高危険群である。新たな大腸癌の早期発見、早期治療のためには、semi-clean colonを目標とした計画的かつ長期的なサーベイランスが必要である。その際、幾つかの危険因子の設定が必要である。

We studied 640 patients who underwent endoscopic resection for early colorectal cancer and subsequent surveillance colonoscopy at least two times. Local recurrence was occurred in 17 patients (2.8%) 3-38 months after initial endoscopic resection. Metachronous colon cancer was occurred in 28 patients (4.4%). High age (more than 60 years) and the presence of synchronous colon adenoma were the independent risk factors of metachronous colon cancer. The cumulative hazard rate of metachronous cancer before and after semi-clean colon exceeded 2% in 13 months after initial endoscopic resection and in 31 months after colonoscopies establishing semi-clean colon, respectively. In conclusion, long term surveillance is warranted after endoscopic resection for early colorectal cancer to detect metachronous colorectal cancer. Surveillance endoscopy should be done until semi-clean colon is attained under consideration of some risk factors.

スライド2.JPG
スライド9.JPG
スライド10.JPG
スライド12.JPG
スライド18.JPG
スライド23.JPG
スライド24.JPG
スライド25.JPG
スライド26.JPG

最新の痔や排便障害の治療はこちらをご覧下さい

豊永医師の最新の痔や大腸に関する論文はこちらをご覧下さい

痔や肛門科についての研究や論文

大腸内視鏡についての研究や論文