豊永敬之の肛門部尖圭コンジローマの最新治療法の論文 of 福岡の大腸・肛門科専門医による痔・肛門科・大腸内視鏡(大腸カメラ)のサイト 大腸肛門武者修行

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


福岡の大腸・肛門科専門医による痔・肛門科・大腸内視鏡(大腸カメラ)のサイト 大腸肛門武者修行 since 2009-04-15

HOME > 最新の治療法 > 豊永敬之の肛門部尖圭コンジローマの最新治療法の論文

主な研究や論文

肛門部尖圭コンジローマの外科切除後の再発の危険因子

日本大腸肛門病学会誌 59(5): 259-264, 2006

豊永敬之、松島誠、香取玲美、高橋知徳、霧生孝司、曽川慶同、完山裕基、松村奈緒美、下島裕寛、野澤真木子、畠山知昭、宋江楓、田中良明、柳田謙蔵、鈴木和徳、松島善視(松島病院大腸肛門病センター)

主な内容

2000年から2004年の間に当院にて外科的切除を行った肛門部尖圭コンジローマ122例を対象とし、その治療成績と再発の危険因子について検討した。男性80例、女性42例で平均年齢は37.7歳であった。主訴は腫瘤触知、痒み、痛み、出血、分泌物の順であった。発症部位は肛門周囲では単発13例、散発48例、多発20例、ビロード状13例、鶏冠状17例、カリフラワー状6例であった。肛門管内、外性器部の合併はそれぞれ43%、15%であった。腰椎麻酔(97例、80%)または局所麻酔(25例、20%)にて外科的切除を行った。術後合併症は治癒遷延、裂肛、皮膚炎などを16%に認めたが、保存的に軽快した。再発は59例(48%)に生じ、1例を除き6ヶ月以内であった。再発の危険因子は出血症状、多発~カリフラワー状の肛門周囲病変、肛門管病変の合併であった。肛門部尖圭コンジローマに対する外科的切除は第一選択としてよいと思われるが、再発は高率で、患者への充分なインフォームドコンセントと少なくとも6ヶ月間の経過観察が必要と思われた。

We review 122 patients of perianal warts who underwent surgical excisions between 2000 and 2004 in Matsushima hospital, to evaluate the outcome of surgical excision and the risk factors of postoperative recurrence. Clinical symptoms were feeling of lumps, itching, pain, bleeding and discharge. The perianal lesions were simple in 13 patients, sporadicity in 48, multiple in 20, velvet-shaped in 13, comb-shaped in 17, and cauliflower-like in 6. Warts invaded the anal canal in 43%, and the vulva or the penis in 15%. Surgical excisions were performed under local anesthesia in 25 patients and under spinal anesthesia in 97. Postoperative complications, such as prolonged wound healing, anal fissure and pruritis ani, were occurred in 16%. Local recurrence was occurred in 48%, within 6 months except one case. Multiple perianal lesions, presence of anal canal lesion and bleeding were significant risk factors of postoperative recurrence. It seemed that surgical resection for perianal warts is good as first choice, but recurrence occurs frequently, and postoperative follow-up for at least six months with adequate informed consent and guidance of sexual intercourse is required.

スライド7.JPG
スライド8.JPG
スライド9.JPG
スライド10.JPG
スライド11.JPG
スライド2.JPG
スライド12.JPG
スライド14.JPG
スライド15.JPG
スライド16.JPG
スライド17.JPG
スライド18.JPG
スライド19.JPG
スライド20.JPG

最新の痔や排便障害の治療はこちらをご覧下さい

豊永医師の最新の痔や大腸に関する論文はこちらをご覧下さい

痔や肛門科についての研究や論文

大腸内視鏡についての研究や論文