豊永敬之の痔瘻癌(痔ろう癌)の論文 of 福岡の大腸・肛門科専門医による痔・肛門科・大腸内視鏡(大腸カメラ)のサイト 大腸肛門武者修行

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


福岡の大腸・肛門科専門医による痔・肛門科・大腸内視鏡(大腸カメラ)のサイト 大腸肛門武者修行 since 2009-04-15

主な研究や論文

特徴的な超音波像を呈した痔瘻癌の四例

第65回 日本大腸肛門病学会総会 2010 
豊永敬之、壬生隆一、清永英利、園田幸生、平田敬治(福岡山王病院)

松島誠、田中良明、香取玲美(松島病院大腸肛門病センター)

主な内容

Mucinous adenocarcinoma associated with chronic fistula in ano is rare, and diagnosis is often difficult. Four cases of mucinous adenocarcinoma arising from longstanding anal fistulas are presented. Endoanal ultrasonography (SSD-Prosound 4000, ALOKA, Tokyo) revealed characterisric features; those consist of a hypoechoic bulging lesion containing heterogenous hyperechoic spots with “ honey comb appearance”. This is due to the fact that mucinous adenocarcinomas usually contain many small mucous lakes. This finding shows the implications in diagnosing mucinous adenocarcinoma arising from fistula in ano.

スライド1.JPG写真のコメント
スライド2.JPG写真のコメント
スライド3.JPG写真のコメント
スライド4.JPG写真のコメント
スライド5.JPG写真のコメント
スライド6.JPG写真のコメント
スライド7.JPG写真のコメント
スライド8.JPG写真のコメント
スライド9.JPG写真のコメント
スライド10.JPG写真のコメント
スライド11.JPG写真のコメント
スライド12.JPG写真のコメント

最新の痔や排便障害の治療はこちらをご覧下さい

豊永医師の最新の痔や大腸に関する論文はこちらをご覧下さい

痔や肛門科についての研究や論文

大腸内視鏡についての研究や論文